ニュースnews

【建設テックのクラッソーネと尼崎市が空き家の適切な管理の促進に関する連携協定締結】 解体費用シミュレーターで概算価格を見える化、空き家の適切な管理を促進 〜12月3日(金)10時45分より尼崎市役所にて締結式を開催、尼崎市長とクラッソーネ代表が登壇〜


 解体工事の一括見積もりWebサービス「クラッソーネ」を運営する株式会社クラッソーネ(愛知県名古屋市、代表取締役:川口哲平、以下「当社」)は、兵庫県尼崎市と空き家の適切な管理の促進に関する連携協定を締結いたします。昨今、全国的にも社会課題となっている空き家問題への対策として、尼崎市内の空き家所有者に対し、適切な管理を促すことで、豊かなまちづくりを目指します。
 また、12月3日(金)10時45分より、尼崎市役所 南館2階 市長室にて、協定締結式を行います。締結式当日は尼崎市長 稲村和美氏と、当社代表取締役CEO 川口哲平が出席し、空き家の適切な管理の促進に向けた公民連携での今後の取り組みについて発表いたします。

背景

 当社は、解体工事領域で、全国約1,500社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービス「クラッソーネ」を運営しており、これまでに累計約8万件以上の問い合わせ実績、累計約1万件以上の工事契約実績(※1)があります。2020年9月からは施主と工事会社に対し“着手金保証”“完工保証”“第三者賠償責任保険”を組み合わせた「クラッソーネ安心保証パック」(※2)の提供を無料で開始し、空き家解体に伴う不安解消、社会課題化している空き家問題解決への取り組み強化を行っています。
 尼崎市では、空家等対策の推進に関する特別措置法の施行と同時期に尼崎市危険空家等対策に関する条例を制定し、同法に規定のない応急措置や長屋住宅の空き住戸への措置にも取り組んできました。2015年からは空き家対策にワンストップで取り組む係を設置し、管理不全空き家の所有者への指導や支援、各種補助制度の実施、略式代執行による解決等に取り組んでいます。そういった取り組みもあり、著しく管理が不適正な空き家は減少しているものの、市内にはまだまだ多くの空き家が存在しています。
 そこで今回、尼崎市内の空き家の所有者などに対し、当社運営の「解体費用シミュレーター」を紹介することで、空き家の適正管理、利活用、解体といった様々な選択肢から対応を検討するきっかけとし、空き家の適切な管理に繋げ、豊かな街づくりに貢献することを目的として、連携協定の締結に至りました。

協定に基づく主な取り組み内容

  1. 尼崎市の空き家の所有者等に対し、解体の概算参考価格を提示する「クラッソーネ」の解体費用シミュレーターを紹介
    (URL:https://www.crassone.jp/simulator/hyogo/amagasakishi)
  2. 空き家所有者等で解体を検討している相談者へフライヤー配布
  3. 尼崎市内の住民や事業者へ本取り組みに関することや空き家解体に関することについて情報発信

(※1)旧サービス「くらそうね解体」の実績含む
(※2)空き家処分の不安を解消するための新サービス完全無料型「クラッソーネ安心保証パック」を提供開始(2020年9月29日)

協定締結式について

 本締結式は、現地での開催のみとなります。ご足労おかけいたしますが、情報収集の場としてご活用ください。また、当日は質疑の時間を設けておりますので併せてご活用ください。ご出席の折には、12月2日(木)正午までに、メール(pr@crassone.jp)もしくは、別紙FAX用紙にてご返信(FAX:052-589-8084)いただくか、電話(052-589-8085)にて出席の有無をご連絡いただきますようお願いいたします。

日時 2021年12月3日(金)10:45~11:30 (受付開始10:40~)
会場 尼崎市役所 南館2階 市長室(兵庫県尼崎市東七松町1丁目23番1号)
出席者 尼崎市長 稲村和美 氏
株式会社クラッソーネ 代表取締役/CEO 川口哲平
アクセス JR神戸線「立花」駅下車、徒歩約15分
JR神戸線「立花」駅(上)から阪神バス14版「阪神出屋敷」行き、15番「阪神尼崎」行き、「市役所」下車。徒歩5分
次第 開会、代表者からの挨拶、出席者紹介、協定書締結(署名)、質疑、記念撮影、閉会

出席者プロフィール

稲村 和美氏

尼崎市長

稲村 和美氏Kazumi Inamura

 神戸大学大学院法学研究科修士課程修了。在学中に阪神淡路大震災を経験。避難所でボランティア活動を経験し、まちの復興を見つめる中で、税金の使い道と政治のあり方、「自治」に関心を持つようになる。その後、証券会社に入社し、営業を経験した後に人事改革の一翼を担う。平成15年に兵庫県議会議員に初当選。平成22年に尼崎市長選挙に出馬し、全国最年少の女性市長(当時)として当選し、現在に至る。
川口哲平

株式会社クラッソーネ
代表取締役CEO

川口 哲平Teppei Kawaguchi

 愛知県出身。京都大学農学部卒業後、2005年にセキスイハイム中部株式会社に入社し、住宅営業として6年間勤務。セキスイハイムグループ3,000人の中で最優秀営業賞を受賞する。2011年3月に退職後、翌4月に株式会社クラッソーネを創業し現在に至る。

兵庫県尼崎市について(概要)

 尼崎市は、兵庫県の南東部に位置する、人口45万人の中核市です。阪神電車、JR、阪急電車が東西に走っていて、大阪や神戸、京都や奈良へも乗り換えなしでアクセスできます。関西3空港へも1時間以内で移動できる交通の便がとても良いまちです。また、山がなく坂道も少ないため、徒歩や自転車での移動に最適です。南部に工業地域、中央部に商業地域、北部に住宅地が広がる形で発展を続けています。平成28年には、市制施行100周年を迎えており、近年は人口増加にも転じています。
https://www.city.amagasaki.hyogo.jp/

株式会社クラッソーネについて(会社概要)

本社 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7番30号 名駅東ビル4F
代表者 代表取締役CEO  川口 哲平
設立 2011年4月1日
資本金 952,985,520円(資本準備金含む)
URL http://www.crassone.co.jp
事業内容 解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約3,000社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービス「クラッソーネ」「クラッソーネエクステリア」を運営

「クラッソーネ」サービス概要

 昨年4月に全国展開した新サービス「クラッソーネ」は、解体工事領域で、全国約1,500社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービスです。特長としては、物件情報を入力するだけで、最大6社のおすすめ工事会社を紹介します。施主に対し工事会社を直接紹介することで、工事会社の多重下請け構造を解消し、施工費のコストダウンにつながることはもちろん、施主の希望条件に合わせて最適な工事会社を紹介します。見積もり内容の相談から工事完了まで運営がサポートし、契約の取り交わしは電子契約を採用しており、全てWeb上で完結できます。施主は工事会社の口コミや工事実績を閲覧でき、着手金保証や完工保証などを組み合わせた「クラッソーネ安心保証パック」(無料)を利用することにより、安心して工事を行うことが可能です。
 また、今年7月には国土交通省が公募した「令和3年度住宅市場を活用した空き家対策モデル事業」に、クラッソーネ上に蓄積された見積もりデータを活用した「AIによる解体費用シミュレーター活用促進事業」が採択されました。本サービスを通じて空き家解体の検討を早期化することによって、社会課題である「空き家問題」の解決や、昨今注目を集めている「住まいの終活」の推進に取り組んでいきます。

施主向けサービス「クラッソーネ」

URL https://www.crassone.jp
施主利用料 無料

<主な機能・サービス>

工事会社情報閲覧 工事会社について「対応マナー」「追加費用」「工事品質」「工期遵守」「近隣配慮」の5項目から定量的な評価や口コミを確認可能
メッセージ送受信 工事会社と直接メッセージの送受信が可能
専門スタッフ相談 解体工事における不安点や疑問点について「クラッソーネ」担当スタッフへ相談でき、見積もり内容の相談から工事完了までを一気通貫でサポート
契約締結 ドキュサインを用いた電子契約により契約手順を簡略化

工事会社向けサービス「クラッソーネ ビズ」

URL https://www.crassone.jp/biz/index
工事会社利用料 初期費用無料、月額利用料無料、成約手数料 工事金額の10%

<工事会社の「クラッソーネ」利用メリット>

集客効果 自社の口コミや会社情報を確認した施主のみが本見積もりを申し込むため、受注確度が高い顧客を獲得可能
業務効率アップ アプリ上で見積もり作成と顧客への送付ができるなど業務手順の効率化が可能

<利用申し込み方法:下記の専用フォーム、専用フリーダイヤルから申し込みを受け付け>

専用フォーム https://go.crassone.jp/signup
フリーダイヤル 0120-849-165

本件に関する取材や申込、問い合わせはこちらまで