ニュースnews

クラッソーネ×スタートアップ提案型実証実験事業「Urban Innovation KOBE+P」 ~テクノロジーで市内の空き家所有者を支援!~


 解体工事の一括見積もりWebサービス「くらそうね」を運営する株式会社クラッソーネ(愛知県名古屋市、代表取締役:川口 哲平、以下「当社」)は、兵庫県神戸市と協働し、当社の提供する解体を希望する空き家の所有者に対し専門工事会社に関する一括見積もりを提示するWebサービス「くらそうね」により、神戸市内の空き家所有者を支援する実証実験にとりくむことと致しました。

 神戸市には、約10万9千戸の空き家があると推計されています。これまで神戸市では、外郭団体である神戸市すまいまちづくり公社の「すまいるネット」に活用相談窓口を設け、活用・適正管理に関する相談対応や、老朽空家等に対して解体費を補助するなど、空き家に対する様々な施策を実施してきました。
 老朽空家等の解体補助は、令和2年度には600戸を超える利用がある一方で、神戸市外の空家所有者や、忙しい現役世代にとっては、事業者の選定、契約や工事状況の確認のわずらわしさから、解体に踏み切れない所有者も一定数みられます。
 このような状況を踏まえ、ITを活用し、WEB上ですべてが完結できる、空き家・古家等の解体工事の一括見積・契約・工事サポートサービスである「くらそうね」を開発する当社が、神戸市内の老朽空き家等の解体促進に貢献するため、同サービスを神戸市内で重点的に展開します。

 なお、この取組は、起業・スタートアップ支援による神戸経済の活性化を目指す目的で、スタートアップから最先端のテクノロジーを用いたソリューション及びその実証実験の提案を受け、社会・行政課題の解決を目指す「Urban Innovation KOBE +P(アーバンイノベーション神戸プラスピー)」事業の一環として行うものです。(『+P』はプロポーザル(提案)の意味)当社の取り組みは、本事業の第12号となります。

実証実験の概要

概要

 市内老朽空き家の所有者等の相談を多く受ける、すまいるネットのホームページに( URL: https://www.smilenet.kobe-sumai-machi.or.jp/hojo/rokyu/ )」「くらそうね」バナーリンクを掲載します。
あわせて、すまいるネット窓口において、空き家所有者に対して「くらそうね」のフライヤーを設置します。また、神戸市内の老朽空き家等所有者へのセミナーやPR展開への協力も検討していきます。

くらそうね概要

 解体工事領域で、全国約1,400社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービスです。これまでに、累積30,000名の登録ユーザー数となっています。特徴としては、最短1分で複数社のおすすめ工事会社を表示し、施主に対し工事会社を直接紹介することで、工事会社の多重下請け構造を解消し、施工費のコストダウンが可能です。また、口コミや工事実績などの会社情報を公開することで、施主が納得感をもって工事会社を選択することができます。
 また、解体工事に伴う施主と工事会社、双方の課題や不安を解消するために「くらそうね安心保証パック」も提供しています。「くらそうね安心保証パック」は、施主向けに契約済の解体工事が頓挫した場合、支払い済の着手金を保証する“着手金保証”と、「くらそうね」経由で代替工事会社と契約した場合に、追加費用が発生した時の差額分を保証する“完工保証”と、工事会社向け保険サービスの“第三者賠償責任保険”の3つを合わせた総称です。

株式会社クラッソーネについて(会社概要)

本社 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7番30号 名駅東ビル4F
代表者 代表取締役  川口 哲平
設立 2011年4月1日
資本金 952,985,520円(資本準備金含む)
URL http://www.crassone.co.jp
事業内容 解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,800社の専門工事会社と施主をマッチングする一括見積もりWebサービス「くらそうね」「くらそうねエクステリア」を運営

弊社のサービス内容や、出演・取材に関するお問い合わせはこちらまで