ブログ blog

満足度100%|自己理解×企業理解×プレゼンで自己強化!社会課題解決型ベンチャーの役員に挑むサマーインターンを開催中


9月に入り、大学生の長い夏休みも折り返しという頃でしょうか。
残暑はまだまだ厳しいようですので、熱中症もまだまだ油断できません。
皆さま、水分補給はしっかりしてくださいね!

さて、クラッソーネでは8月よりサマーインターンシップを開催しています。
昨年度開催したインターンから、また一層レベルアップした内容になっているんですよ!

>>>昨年度のインターンはこちらで紹介しています!

参加した学生がクラッソーネのインターンで何を学び、持ち帰ることが出来たのか?
今回は開催中のサマーインターンの内容や参加者の声を特別にお伝えしたいと思います!

※当初、対面での開催でしたが
新型コロナウイルス感染拡大により、現在はオンライン開催に変更しています。

目次

  • クラッソーネならではのスペシャルプログラム
    • インターンでは何をしているの?
    • 企業との相思相愛を伝える疑似体験
    • 社会課題解決を目指す企業への貢献を考える
  • インターンの満足度100%の理由
  • エントリーお待ちしています!

クラッソーネならではのスペシャルプログラム

インターンでは何をしているの?

2021年のクラッソーネのサマーインターン
題して、
社会課題解決型スタートアップへの挑戦!役員プレゼン1Dayインターン!!!

このインターンシップで経験できることは2つあります!

①企業との相思相愛を伝える経験ができる
②社会課題解決を目指す企業の事業課題に挑戦できる


▲1日を通して自己理解と企業理解を、相思相愛を伝えるプレゼンを作成していきます

企業との相思相愛を伝える経験ができる

クラッソーネでは採用において「相思相愛の採用」を大切にしています。

就職・採用における「相思相愛」の状態を、クラッソーネでは以下のように考えています。
「その人の人生にとってその企業を選択することが幸せであり、その企業の未来にとってもその人を仲間に迎えることが幸せである状態」

ただ、自分自身が「相思相愛だ」と感じていても相手に伝わっていないと意味がないですよね(笑)

そこでこのサマーインターンでは、「自己理解」「企業理解」を経て、
企業の課題解決を通じて「自分を採用したい」と思ってもらえるようなプレゼンをするという
「相思相愛」を伝える疑似体験をしてもらいます。

プレゼンでは
自分自身の強みや価値観、そしてクラッソーネの大切にしていることとの重なり、
つまり「相思相愛のポイント」について役員に伝えてもらいます。


▲自己理解ワークではディスカッションしながら自己理解を深めていきます。

社会課題解決を目指す企業の事業課題に挑戦できる

「空き家問題」という社会問題の解決を目指すクラッソーネですが、
サービスを提供する中で多くの事業課題を抱えています。

そこで、プレゼンで自分とクラッソーネの「相思相愛ポイント」を伝えていただくうえで、
ワークを通じて見つけた自分の「強み」や「価値観」を、課題解決にどう活かしていけるか
について考え、役員に発表してもらいます。

「自分が社会や企業の中でどんな活躍をしていけるんだろう…」と考えるきっかけにもなりますね!


▲代表に自分を採用したいと思わせるため、一生懸命プレゼンしてくれました!(オフィス開催時の様子)


▲なんとMVPに選ばれた方には賞品も…?!?!

インターンの満足度100%の理由

さて、ここまでインターンの内容についてご紹介してきました。

なんと参加いただいた学生、全員が満足
さらにそのうち95%が最高評価の「大変満足」という評価をいただいているんです!!!!

その理由はズバリ!

  • 今後、自身の就活に活かすことのできる深い自己理解が得られる
  • スタートアップ役員や幹部からの、一人一人への濃いフィードバック

この2点が挙げられます。

実際に参加したの学生さんの声もご紹介します!
(事前許可の元、掲載しております。)

「自己分析をして、自分についてプレゼンをしたことはなかったので、自己分析をさらに深くできた気がしました。企業にどのように貢献できるのか、何がしたいかを考えることができたため、軸をさらに固めるヒントになりました。」

「自分が強化すべきことを非常に明確に示していただいたので、これを改善する機会と前向きに捉え、学びにつなげることが肝要になると思います。貴重な機会をいただき、ありがとうございました。」

「一人一人のプレゼンに対するFBがとても手厚く、自分のみならず他の方へのFBも今後の参考になりそうです。FBが手厚いおかげで今後の方針が立てやすいです。」

「採用者目線の考えを学ぶことができた。採用したいと思われるような人物像を知ることができた。」

ワークを通じて、
人事や他の参加学生との交流により、今までになかった視点から自己理解を深められること

そして、採用に直接かかわる役員からフィードバックを受けることで、
自分をPRするプレゼン力の向上役員視点を知ることができること

そんな密度の濃い学びや気付きを得られる場になっていたということで
私たちも嬉しい限りです!


▲代表川口・人事部長宮田からの直接のフィードバック(オフィス開催時の様子)

エントリーお待ちしています!

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

本インターンシップは9月末まで開催しており、
残席わずかとなっています。
興味を持っていただけた方はお早めにエントリーいただけると嬉しいです!

現在はオンラインで開催していますので
日本全国からのご参加をお待ちしています!

この記事を書いた人

近土真歩

近土 真歩

大学では心理学を学んでいました。人事広報部の新米社員です。チームで一つの目標に向かって進んでいく中で、チームに影響を与えられていると実感するときワクワクします。フォロワーシップと主体性を大切に頑張っていきたいです!!!