ニュースnews

【建設テックのクラッソーネと終活関連企業の鎌倉新書が業務提携】終活や相続に伴う空き家解体をスムーズに対応


解体工事・外構(エクステリア)工事の一括見積サービス「くらそうね解体」「くらそうねエクステリア」を運営する株式会社クラッソーネ(愛知県名古屋市 代表取締役:川口哲平、以下「当社」)と、終活関連サービスを提供する株式会社鎌倉新書(東京都中央区 代表取締役社長兼会長CEO:清水祐孝、証券コード:6184、以下「鎌倉新書」)は、両社のお客様の「豊かな暮らし」をサポートすることを目的に、業務提携を締結しましたので、お知らせいたします。

当社は、解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,400社の専門工事会社と施主様をマッチングするプラットフォーム「くらそうね解体」「くらそうねエクステリア」を運営しています。工事を依頼したい施主は、「くらそうね解体」や「くらそうねエクステリア」を利用することで、複数の専門工事会社から一括で見積もりをとることができるほか、専門家によるコンサルティングを受けることができます。解体工事や外構工事の多重下請け構造を解消し、施主と専門工事会社をダイレクトマッチングすることで、直接依頼が実現し、施工費のコストダウンが実現する点が最大の特長です。これまでに、累積で50,000件を超える見積もり相談の実績があります。

鎌倉新書は、葬儀・お墓・仏壇など終活関連のポータルサイトの運営や、オーダーメイドのお別れ会や社葬のプロデュース、終活関連の冊子・印刷物、専門誌等の出版を通じて、高齢者とそのご家族の課題解決に取り組み、豊かな社会づくりに貢献する企業です。

昨今「くらそうね解体」では、相続等に伴う空き家解体工事の依頼が増えております。一方、鎌倉新書も終活やライフエンディングのサポートで相続に関する相談が増えています。鎌倉新書が提供するサービスにおいて、相続した空き家などの解体を検討しているお客様に対して、当社運営の「くらそうね解体」をご紹介することで、相続に関するサポートから解体工事までを一気通貫で対応します。

今後も、様々な相乗効果が期待できる企業との提携を通じて、さらにお客様満足度を高めることを目指してまいります。

株式会社鎌倉新書について(会社概要)

本社   :〒104-0031 東京都中央区京橋2丁目14-1 兼松ビルディング3階
代表者  :代表取締役社長兼会長CEO 清水祐孝
設立   :1984年4月17日
資本金  :876,840,000円(2019年7月末現在)
証券コード:6184
URL    :https://www.kamakura-net.co.jp/
事業内容 :終活関連の総合情報サイトの運営(「いい葬儀」、「いいお墓」、「いい仏壇」、「いい相続」)
       終活関連書籍出版事業(「月刊『仏事』」他)

株式会社クラッソーネについて(会社概要)

本社  :〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7番30号 名駅東ビル4F
代表者 :代表取締役 川口 哲平
設立  :2011年4月1日
資本金 :152,985,000円(資本準備金含む)
URL   :http://www.crassone.co.jp
事業内容:解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,400社の専門工事会社と
     施主様をマッチングする一括見積もり・コンサルティングサービス
     「くらそうね解体」「くらそうねエクステリア」「くらそうね」を運営

弊社のサービス内容や、出演・取材に関するお問い合わせはこちらまで