ニュースnews

【建設テックのクラッソーネと不動産テックのリビン・テクノロジーズが業務提携】古家付き土地の売主が価格や評価をもとに解体工事会社を選択し低コストで売却可能に


解体工事・外構(エクステリア)工事の一括見積サービス「くらそうね解体」「くらそうねエクステリア」を運営する株式会社クラッソーネ(愛知県名古屋市 代表取締役:川口哲平、以下「当社」)と、不動産の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営するリビン・テクノロジーズ株式会社(東京都中央区 代表取締役社長:川合大無、証券コード:4445、以下「リビン・テクノロジーズ」)は、空き家や古家付き土地の売却を検討する不動産オーナーに対して、家屋の解体支援を目的に、12月2日より業務提携を開始しました
本提携により、古家付き土地を更地にして売却したい売主が、価格や評価をもとに解体工事会社を選択し、低コストで売却することが可能になります。
今後も、土地活用サービスや福利厚生サービスを展開する企業など様々な相乗効果が期待できる企業との提携を予定しており、これらの提携を通して相談件数を現在の2倍にすることを目指します。

背景及び経緯

近年、空き家問題が拡大する中で解体工事の規模は年率7%増(※)と増加の一途をたどっており、また度重なる自然災害によりさらに近年顕著に増えています。
このように解体ニーズが増加する中、多重下請けの業界構造の中で解体工事会社へ直接発注する方法は乏しく、工事会社を取りまとめる元請け企業に対して、手数料を上乗せして依頼する必要がありました。
そのため、当社では、解体工事を行いたい人が直接依頼できるように解体施主と解体工事会社とのマッチングサービスを2011年4月から提供し、コープサービス株式会社や株式会社リリーフなど異業種とも提携を行い、空き家の処分など解体工事を行いたい施主を支援してきました。
リビン・テクノロジーズは不動産の比較査定サイト「リビンマッチ」を運営し、不動産を売りたい利用者に不動産会社を紹介しています。2006年のスタートから約13年の運営実績があり、査定依頼や資料請求件数は年間90,000件を突破しています。古家付き土地を更地にして売却したいというニーズが増加してきており、今回の業務提携に至りました。

(※)国土交通省 建築物ストック統計(平成30年9月)より自社推計

リビン・テクノロジーズ株式会社との業務提携について

不動産売却を希望する売主がリビンマッチの売却申込フォームに入力する際に、物件所在地、物件情報、お客様情報に続き、アンケートにて解体工事の見積もりを希望するチェックボックスが設置されます(下記図を参照)。解体工事を希望する売主には、リビンマッチのオペレーターから「くらそうね解体」について案内があり、売主が「くらそうね解体」の利用を承諾した場合「くらそうね解体」スタッフが売主へ直接連絡し、解体工事会社を紹介します。

「くらそうね解体」では全国約1,200社の解体工事会社を直接紹介可能です。複数社から見積もりを出し、価格や利用者の評価などを確認したうえで、施主が自ら解体工事会社を選ぶことができます。本提携により、古家付き土地などの不動産の売主は、その土地を更地にして売却する際に、価格や利用者の評価などを参考に解体工事会社を選ぶことが可能になります。本提携により年間で約1,000件の相談件数を見込んでおります。


チェックボックス設置箇所イメージ

業務提携の概要

提携開始日 :12月2日(月)~

「くらそうね解体」について

くらそうね解体は施主と工事会社を直接マッチングし、無料で見積もりを取ることができるサービスです。戸建て、集合住宅、ビル、店舗、内装解体まで様々な種類に対応します。
提供開始 :2011年4月
利用料金 :無料
登録企業数 :約1,200社

代表者のコメント

・株式会社クラッソーネ 代表取締役 川口哲平
不動産売却と解体工事は、かねてより親和性の高い領域だと考えていたため、リビン・テクノロジーズ様との提携を通じ、当社サービスを認知していただけていなかった売主のお客様に、サービス提供ができることを嬉しく思っています。両社にとっても良いパートナーシップとなるよう、サービスのブラッシュアップに努めていきます。
・リビン・テクノロジーズ株式会社 代表取締役社長 川合大無
当社としてはかねてより新事業領域として空き家問題への進出を視野に入れていたため、この度のクラッソーネ様との業務提携を通じサービスの拡充が叶ったことは大変嬉しく思います。今後もユーザーやクライアントをはじめ、住生活という分野で社会に貢献できるサービスを提供できるよう励んでいきます。

リビン・テクノロジーズ株式会社について(会社概要)

本社 :〒103-0012 東京都中央区日本橋堀留町1-8-12 さくら堀留ビル8階
代表者 :代表取締役社長 川合大無
設立 :2004年1月
資本金 :192,516,000円(2019年6月28日現在)
証券コード :4445
URL :https://www.lvn.co.jp/
事業内容 :不動産プラットフォーム事業(WEBテクノロジーと不動産を融合したプロダクトの開発と運営)
     ・不動産バーティカルメディア
     ・不動産業務支援システム
     ・不動産業界向け人材サービス
     ・インターネット広告

株式会社クラッソーネについて(会社概要)

本社 :〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5丁目7番30号 名駅東ビル4F
代表者 :代表取締役 川口 哲平
設立 :2011年4月1日
資本金 :152,985,000円(資本準備金含む)
URL :http://www.crassone.co.jp
事業内容 :解体工事と外構(エクステリア)工事領域で、全国約2,400社の専門工事会社と
     施主様をマッチングする一括見積もり・コンサルティングサービス
     「くらそうね解体」「くらそうねエクステリア」「くらそうね」を運営

株式会社クラッソーネ 代表取締役 川口 哲平 プロフィール

出身地 :愛知県名古屋市
生年月日 :1983年1月25日
プロフィール :京都大学農学部・地域環境工学科でダムや用水路の設計、機械設計を学ぶ。
      卒業後、2005年にセキスイハイム中部株式会社に入社し、住宅営業として6年間勤務。
      セキスイハイムグループ3,000人の中で最優秀営業賞を受賞する。
      2011年3月に退職後、翌4月に株式会社クラッソーネを創業し現在に至る。

弊社のサービス内容や、出演・取材に関するお問い合わせはこちらまで