経営理念 mission

豊かな暮らしで
人々を笑顔に

「豊かな暮らし」とは「満ち足りていて不足のない一日一日を過ごしていくこと」を表しており、私達の理念は事業を通じて一日一日の「時間」を満ち足りたものにし、世の中の人々を笑顔にすることです。

人間にとって最も大切なのが時間

なぜクラッソーネは時間にこだわるのか?
それは、私達が「人間にとって一番大切なものは時間」だと考えているからです。

ここに同じデザインのTシャツが2枚あるとします。1枚は学生時代に一生懸命バイトをして買ったTシャツ。もう一方は友達から「新品だけど要らないからあげるよ」と貰ったTシャツです。
果たしてあなたはどちらのTシャツを大切に着るでしょうか?
おそらく、ほとんどの方が自分でバイトをして買ったTシャツを選ぶことでしょう。
自分で買ったTシャツには、バイトに費やした時間が詰まっており、それが愛着に変わるのです。

「苦楽を共にしたパートナー」
「一生懸命育てた子供たち」
「長年飼ったペット」
「幼少期から過ごした家」
「祖母から受け継いだ着物」
私達がそれらに愛着を感じるのは、大切な時間が詰まっているからに他なりません。

資本主義経済ではお金を軸に物事の重要度が図られます。
しかし、私達は時間をより重要なものとして捉えています。

100人に100通りの豊かさがある

人間にとって最も大切な時間を豊かにするのが私達の使命です。
それでは豊かさとは何でしょうか?

豊かさは人によって異なります。
お金があると満足できる人もいれば、お金には無頓着な人もいます。
友人といると満足できる人もいれば、独りが好きな人もいます。
人と違うのが好きな人もいれば、人と同じことが好きな人もいます。
100人いれば、100通りの豊かさが存在します。

私達は豊かさを、「自分は満ち足りている」と実感できている状態だと定義しています。
一人一人の人生なのですから、「あの人は豊かだ」とか「あの人は豊かではない」といって人に定義される筋合いはありません。
あくまでも、自分自身が満足できていることが大切です。

満ち足りた時間によって、人々を笑顔にしたい

私達は、事業を通じて満ち足りた時間を創出し、人々を笑顔にしたいと考えています。

例えば仕事の時間。
多くの社会人が起きている時間の半分を仕事に費やしますが、その時間はかけがえない人生の一部です。ただ給料を稼ぐためだけに人生を切り売りするのではなく、誰もが働く意義を感じて仕事ができたら、素晴らしいことなのではないでしょうか?

「仕事内容に誇りを持てる」
「自分の成長を感じることができる」
「人に喜んでもらえるのが嬉しい」
「今後の計画を考えるとワクワクする」
「このチームのメンバーと頑張りたい」
人によって働く理由は様々かもしれませんが、一人一人が想いを持って仕事に取り組める世の中を実現したいと私達は考えています。

それから家庭の時間。
愛する家族や恋人、信頼できる友人は、人生を共に支え合うかけがえのない存在です。そんな人達との温かい時間を誰もが持つことができたら、もっと幸せな世の中になるのではないでしょうか?

自分の隣に心の繋がった人がいて、食事を取りながら今日1日の出来事を共有できる。
「学校で〇〇ちゃんと遊んだよ。」
「会社ではこんなことがあったよ。」
「家ではこうだったよ。」
「良かったね。嬉しかったね。」
「大変だったね。辛かったね。」
悲しいことは半分に、嬉しいことは2倍に。そんな温かい時間を世界中に作りたいというのが、私達の願いです。

現在は「家づくり」という事業領域を選択していますが、世の中の課題と会社のステージに合わせて徐々に形を変え、「豊かな暮らし」によって一人でも多くの人々が笑顔になれる世の中を実現していきます。