ブログ blog

本気でミッション・ビジョン・バリューを浸透させるため、CEO自ら全社研修に登壇!【MVV研修レポート】


こんにちは!クラッソーネの人事・広報担当の幡中です!今回は、先日行われた全クルーを対象とした『MVV研修』を行いましたので、レポートします!

目次:

▶MVV研修とは

株式会社クラッソーネは、経営の指針として以下のようなMVV(ミッション・ビジョン・バリュー)を掲げています。クラッソーネで働くクルーは、このMVVの実現に向かって一致団結し、日々サービスの向上に取り組んでいます。

(M)ミッション:『豊かな暮らしで人々を笑顔に
(V)ビジョン:  『誰もが利用する家づくりのインフラを作る
(V)バリュー:  『Biggest Data(最大のデータは最良を導く)』
         『Inspire customers(満足ではなく感動)』
         『Go boldly(大胆にやろう)』

そのため、クラッソーネに入社するクルーは、このMVVへの共感が必須です。入社後には必ず、MVVをより正しく理解できるよう、CEO川口自らが『MVV研修』を入社者に実施しています。
そんな入社時研修の名物となっているMVV研修ですが、先日、すでにクラッソーネで活躍しているクルーに向けての『全社MVV研修』が行われました。

▶全社MVV研修の目的

クラッソーネはMVVを何より大事にしています。MVVの実現に向けサービスを進化させるべく、新サービス「くらそうね」の展開を開始しました。そして現在は、全国展開へ向け、サービスの改善や準備に邁進する毎日です。
全国の皆様へクラッソーネのサービスをご利用いただくにあたって、リリースするプロダクトが良い物であることはもちろん大事ですが、実際にご利用いただくお客様の窓口であるクルー1人ひとりがこのMVVを今まで以上に体現しなくてはなりません。
そのために、入社からまだ日が浅いクルー、逆に入社からすでに時間が経っているクルー、バックヤードで働くクルー含め、全社で再度このMVVへの理解を統一することが必要だと考え実施しました。

この研修は、MVVを頭で理解するためではなく、無意識レベルまで落とし込み、日々の行動に反映させることを目的にしています。
これから毎週月曜日は、「MVVトーク」という時間を設け、さらなるMVVの体現に繋げていくことになっています。

▶CEO川口によるMVVの解説

前半は、改めてCEOの川口よりMVVの定義の説明がありました。
内容は、以前アップした【必見】MVV研修の全容レポートを大公開で細かく語られています。

  • 【必見】MVV研修の全容レポートを大公開①~MVVとは何か?~
  • 【必見】MVV研修の全容レポートを大公開②~何故、MVVが大切なのか?~
  • 【必見】MVV研修の全容レポートを大公開③~クラッソーネのMVVが示す意味とは?~
  • クラッソーネという会社を創った想い、そして一緒に働くクルーへの想いを熱く語るCEOの川口

    ▶クルー同士のテーマセッション

    研修の後半は、川口の想いを受け取ったクルーがグループに分かれ、テーマごとに様々な議論を重ね、さらに各グループでの対話の内容や学び・気づきについて、全体でシェアしました。
    テーマは以下の通り..


    – 皆さん自身の行動、チームの行動を振り返り、Inspire Customersに沿った顧客対応で、
     できていることはどんなことですか?
    – 皆さん自身の行動、チームの行動を振り返り、Inspire Customersに沿った顧客対応で、
     できていないことはどんなことですか?
    – Inspire Customersに沿った顧客対応をしていくために、 何ができますか?

    チームに分かれ、テーマ毎にお互いの意見や気付きをシェアしているクルー達

    – 皆さん自身の行動、チームの行動を振り返り、Inspire Customersに沿った顧客対応で、できていることはどんなことですか?

     
    日々、お客様や工事会社さんとの直接やりとりしているクルー達が、現場で感じた「Inspire Customers」をシェアしてくれました。

    ・「垣根を超えた盤石なチームワーク!」
     チームという垣根を越えて、人や時間が足りない時は率先して顧客対応に入るなど、チーム同士が根
     底で繋がっていることを実感できた瞬間があった!

    ・「ユーザーファーストで柔軟な対応!」
     お客様のご都合や状況に合わせ、工事会社さんのご紹介のタイミングや方法を柔軟に変更している!

    ・「『ここまでやるの?』が感動を生む!」
     セカンドオピニオン的な立場として、お客様がすでにお持ちの解体やエクステリア工事の
     お見積りの精査(金額の妥当性の検証)を行っている。
     すると、「ここまで無料でやってくれるの?」との感動のお声をいただいたことがある!

    – 皆さん自身の行動、チームの行動を振り返り、Inspire Customersに沿った顧客対応で、できていないことはどんなことですか?

     
    すでにできている点もあれば、よりブラッシュアップできるだろうと感じている点も、クルー1人ひとりの中にありました。その課題に対する想いや、ネックになっている問題点などを全社で共有していきました。

    ・「3社紹介ができていない..」
     ご依頼先の地域や条件によっては、工事会社さんの3社紹介ができない場合がある。

    ・「もっと早く情報をお伝えしていれば..」
     クラッソーネがご紹介した工事会社さん以外での工事を決めたお客様から、追加で細かい情報を
     お伝えした際、「もっと早く知りたかった..」とご意見をいただきました。

    ・「より細やかなヒアリングを..」
     お客様と工事会社さんのマッチングをする上で、基本的な条件のマッチングを実現するためだけの
     情報収集はできているが、よりお客様の事情や重視したいポイントと理由など、感動を生むより良い
     マッチングのためのヒアリングができていないかも知れない。

    – Inspire Customersに沿った顧客対応をしていくために、 何ができますか?

    セッションを繰り返す中で見えてきた「Inspire Customers」を実現できた成功体験や失敗談の数々。
    その上で、日々の行動を具体的にどのように改善できるか?そのアクションプランもクルー同士の気づきをもとに考えていきます。

    ・「思いやりの心を具体化」
     お客様や工事会社さんへの思いやりの心を、実際の行動にどう落とし込み体現できるかを改め
     て考え直す。

    ・「情報共有の仕組化」
     日々の業務内で生まれる成功体験や課題、失敗を素早く全社で共有するための仕組みを作る。
     情報共有の繰り返しが「Inspire Customers」について理解をより深め、擦り合わせることができる。

    ・「ユーザーファーストの徹底」
     個人間でもチーム間でも、個人的に言い辛いこともあるが、「Inspire Customers」のためになる
     ことがあれば、遠慮せず積極的に称賛や指摘していきたい。

    チームで出た意見や案は、代表者が全クルーに向けてシェアしていきます。

    ▶まとめ

     今回改めて、CEOの川口が創業当時から掲げていたMVVに込めた想いを発信したことで、クルー1人ひとりが日々どんな想いでお客様と向き合っているのか、一緒に働くクルーやマネージャー・経営陣を含めた全員で共有でき、よりクルーのMVV実現に向けた団結が強固になったように感じました。しかし、MVVの実現へ向けた取り組みはこのMVV研修で終わりではありません。無意識レベルでMVVを体現できるまで、そして新しく迎えるクルーに対して全クルーがMVVを語れるようになるまで、繰り返し学んでいきます。また近日中に、これから毎週月曜日に開かれる「MVVトーク」の模様もレポートしていきます!

    ▼株式会社クラッソーネでは一緒に働く仲間を募集しています▼
    中途採用はこちら
    新卒採用はこちら

    この記事を書いた人

    幡中智樹

    幡中 智樹

    1992年9月24日生 愛知県出身 愛知学院大学商学部を卒業後、名古屋のベンチャー海外人材コンサル会社へ入社。営業・管理業務へ3年間従事。後、ITベンチャーの名古屋事業所で求人広告の営業部門の立ち上げメンバーとして転職。現在はフリーランスとして企業の採用・教育における課題解決を行っている。