熊本県及び大分県を震源とする地震により被災された皆様、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

募集要項:匠クルー

1b

体験入社・インターンについてはこちらエントリーする

クラッソーネは何をしている会社か?

事業内容

匠サービス

解体工事の匠、エクステリアの匠、といったマッチング&コンサルティングサービスです。 解体工事や外構工事は一生のうちに1~2度しか経験しないため、「いざ工事をしようと思っても何から始めてよいか分からない」、「専門の業者をどのようにして探せばよいか分からない」という悩みを持つ施主様が少なくありません。そのような方の問い合わせをインターネットで受け付け、全国2,000社の中から最適な提携業者様を紹介することで、工事をサポートしています。 更に、世の中のマッチングサービスの多くが「ただの横流し」や「複数社からの電話攻撃」によってユーザーの期待を裏切ってしまっているのに対し、匠サービスでは問い合わせ窓口を一本化するとともに、建築士・エクステリアプランナー・解体工事施工技術者講習修了者といった専門家がコンサルティングを行うことで、真の価値を提供しています。

業者様の脱下請け支援

営業ツールの提供や、営業方法の指導による脱下請け支援です。 建設業界には売り上げのほとんどを下請け工事が占めている業者様が多く、「元請けから値段をたたかれてばかりで苦しい」、「施主様から直接喜んでもらえるような仕事をしたい」という声が多数存在します。一方で、集客や営業ノウハウが無いために、脱下請けを実現するのは大きなハードルです。 そのような業者様に対して、ホームページやパンフレットといった営業ツールを提供したり、ハウスメーカーの元トップ営業によるコンサルティングを行うことで、施主様から支持される企業体質を作り、脱下請け化を実現しています。

クラッソーネはなぜ存在しているのか?

ミッション:私達の使命

人々が心から豊かに暮らせる世の中を実現すること

変えたいこと:住宅業界の矛盾

豊かな暮らしをするために、住まいはとても重要です。また「家づくり」は一生の中で大きな思い出となるもの大切なイベントです。しかし、現在の日本では、その担い手である住宅業界に大きな問題が存在しています。私達は人々が心から豊かに暮らせる世の中を実現するために、住宅業界の矛盾を打ち壊します。

住宅業界の矛盾1:自分たちのことしか考えていない会社が多すぎる

家づくりのスタートとなるのが住宅展示場ですが、一度足を運ぶと営業からの訪問攻撃が始まります。その後も、「今が建て時ですよ」という電話攻撃が継続して続きます。営業担当者は表面的には丁寧な言葉を使っている一方で、頭の中は「いかにして家を買ってもらうか」という自分本位の考え方が渦巻いています。 主役である施主様が、自分たちのための家づくりが出来るような業界の風土が必要です。

住宅業界の矛盾2:価格や進め方など色々なことが不透明過ぎる

分からないことだらけの家づくりを、更に分からなくしているのがハウスメーカーです。住宅展示場ではきらびやかなキッチンが並び、実際に自分の家に付けられる標準仕様のキッチンはどこにも見当たりません。また、営業担当者が契約を取りやすくするために、都合の悪い情報を隠したり、意図的に価格操作をすることも日常茶飯事。特別値引キャンペーンも毎月のように行われています。 施主様がすっきりとした気持ちで家づくりを進めるためには、情報のブラックボックスは必要ありません。

住宅業界の矛盾3:ハウスメーカーが価格に見合った仕事をしていない

家づくりを満足に終えるためには、経験ある設計士が描く間取りや、ミスのない打ち合わせ、腕の良い職人さんというのが必要不可欠です。しかし実際には、入社したばかりで経験の浅い新人が間取りを描いていたり、仕様ミスや職人のマナー違反が後を絶たず、「ハウスメーカーに任せておけば安心だろう」という施主様の期待は毎日のように裏切られています。 建築費用の3~4割といった高額な利益を取るのであれば、それに見合ったサービスを提供するのがハウスメーカーの務めだと言えます。

変えたいこと:楽しくない仕事

多くの人が、起きている時間の半分を会社で過ごしています。仕事が楽しければ、必然的に人生は充実します。しかし、仕事に喜びを見出せずに毎日を過ごしている人がどれほど多いことでしょうか。私達は人々が心から豊かに暮らせる世の中を実現するために、楽しくない仕事を撲滅します。

楽しくない仕事1:何のために仕事をしているのか分からない

ドラマの世界では、主人公が仕事の課題にぶつかり、人間として成長し、仲間と一緒に大きな成果を果たす、という過程が描かれることが多いですね。しかし、現実世界のオフィスでは、目の前には緊急のつまらない作業ばかりが並び、何のために仕事をしているのかを見失ってしまうことが多いのではないでしょうか。 仕事に意義を見出すためには、自分のミッションと会社のミッション、会社のミッションと目の前の仕事を結びつけることができる風土が必要です。

楽しくない仕事2:納得いかないことをしているのが苦しい

「仕事だから仕方ない」という諦めと共に、納得いかない仕事をしてしまうというのも企業内ではよくある話です。本当はお客様にとって良いサービスを提供したいのに、会社の利益を優先させたり、理不尽とも思える行動を取らないといけないのも、仕事が楽しくなくなってしまう一つの要因です。 納得いかないことに目をつぶりながら毎日を過ごすよりも、心から良いと思える道を歩んだほうが、心身ともに健全です。

楽しくない仕事3:毎日残業ばかりでプライベートの時間が取れない

朝起きて出社時刻前にデスクに座り、日中は怒涛のような業務量をこなし、夜は溢れた仕事や付き合いで深夜まで残業。休日にも仕事を詰め込んでいて、プライベートなど存在しない。そんな社畜同然の社会人生活を送る人が数多く存在するのが日本の現状です。 会社は業務量や収益体質を改善し、本人も仕事のやり方を工夫し続けられる文化を築かなくてはいけません。

理念:使命を実現するための志

家づくりをもっと楽しく 家づくりをもっと分かりやすく 家づくりをもっと適正に 働く人に心からの幸せを

家づくりをもっと楽しく

IT技術の浸透に伴い、インターネットで家作りの情報を集める方が増えてきました。もちろん情報収集には便利なのですが、ネットを見るとまず目に付くのはメーカーの欠点やクレームの話といったマイナスの情報です。そういった情報を目にしていくうちに、『いつかはこんな素敵な家に住めたらよいなぁ。』という思いは徐々に消えて、いつしか『失敗だけはしたくない。』という危機感だけが頭の中を占領するようになってしまいます。家作りは一生に一回の大きな買い物ですから、『絶対に失敗したくない』のは誰もが同じですが、本来ならもっと楽しいものなのではないでしょうか? 私達は、最後まで夢を持って家を建てられる方が一人でも増えるよう、皆様に『家作りのワクワク』を提供します。

家づくりをもっと分かりやすく

建築を考えている方の過半数が家作り未経験者です。当然分からないことが多く、中には「何が分からないのか分からない。」という方も大勢いらっしゃいます。そういった方向けに、住宅情報誌やインターネットサイトでは情報提供がされていますが、中には実態とかけ離れている情報があったり、ある個人の意見があたかも客観的事実のように書かれているものが多々見受けられます。また実際にメーカーの検討が進んでいくと、営業担当者同士による他メーカーの批判合戦によって、何を信じてよいのか分からなくなってしまうこともしばしば。 私達は、誰もがストレス無く家作りを進めていただけるよう、『正しい情報を分かりやすく』提供します。

家づくりをもっと適正に

住宅業界を紐解いてみると、そこには様々な歪みが隠れています。例えば値段。解体工事を初めとして、建築に関わる工事の値段というのは通常目にする機会が少なく、相場というのも不明瞭なため、適正さを見分けるのは非常に困難です。もちろん工事に対して適正な見積りを提示する業者もいます。しかしその一方で、不明瞭なのを良いことに理不尽とも言える高額な見積りを提出し、施主様に大きな負担を強いている業者が少なくありません。 私達は、住関連のサービス・商品を『適正な価格』・『適正な方法』で提案することで、住宅業界を改革していきます。

働く人に心からの幸せを

世の中には無数の企業がありますが、「お客様を大切に」と謳う一方で社員への負担が強いられ、彼らの幸せを壊している会社は少なくないと思います。果たして本当にそれでよいのでしょうか?会社は、そこで働く人が幸せになるためのものです。そして、そこで働く人々には等しく幸せになる権利があるはずです。もちろん、お客様へ価値のあるサービスを提供することは大切ですが、その根底には働く人の幸せが不可欠です。 私達は、働く人が心から幸せに過ごすことができる職場を創り、幸せなクルーと共に、世の中へ真の価値あるサービスを提供していきます。

どのように価値を提供してくのか?

ビジョン:理念のもとで描く未来像

2020年⇒家づくりをする人の1割が利用するインフラを作る

豊かな暮らしを実現するために、私達は長期的な2045年ビジョンと、短期的な2020年ビジョンを設定しています。ここでは2020年ビジョンについてお話ししたいと思います。 私達が変えようとしている住宅業界には、古くからの問題が沢山存在しています。それを変えることが出来るのは、ただ一つの革新的なサービスではなく、様々な業種、様々な局面における地道な改革の積み重ねに他なりません。 現在の年間住宅着工戸数は約80万戸です。単純計算では80万人の施主様が存在することになります。2020年にはその1割である8万人がクラッソーネのサービスを利用し、ご満足いただいていることでしょう。

2

経営戦略:ビジョンを実現する方針

事業の幅を広げる

2015年時点で私達がサービスを提供しているのは、解体工事と外構工事の2分野です。これらの工事は、建築費用の中のわずか10~15%に過ぎません。住宅の新築時には、この他に地盤補強工事、基礎工事、大工工事、外装工事、内装工事、設備工事、照明工事、インテリアなど、さまざまな分野が存在します。既存のビジネスモデルを隣接異業種に水平展開していくことによって、事業の幅を広げていきます。

3

事業を深める

2015年時点で私達が提供しているのは、マッチング~契約という限られた期間におけるサービスです。現在でも沢山のお客様からご満足いただいていますが、施主様がより満足度の高い家づくりをするためには、業界の体質を根本から向上させる必要があります。今後は、経営戦略・採用・社員教育・見積書式・原価管理・施工方法といった広範囲において業者様のサポートを行っていくことで、業界の体質改善を実現します。

4

事業を大きくする

解体業界やエクステリア業界において、私達のサービスが占めるシェアは1%弱。まだまだ、業界の片隅でサービスを提供しているに過ぎません。現在はSEOを中心にインターネットで施主様への告知を行っていますが、今後はPPC広告やアフィリエイトプログラム、更にはオフライン媒体での告知を行うことによって、沢山の方からサービスを知っていただき、利用していただける仕組みを作っていきます。

5

体験入社・インターンについてはこちらエントリーする

一緒に働く仲間達

全クルーがやりがいを感じながら活躍しています

takezawa

Business Improvement Chief
2013年1月 入社

「世の中に衝撃を与える仕事がしたい!」初めてクラッソーネを知ったとき、ここでならそれが実現出来ると感じました。ビジョンに近づくために閃いた事をすぐ発信し議論し、実現する。その行程が楽しいです。会社にとっても自分自身にとっても、毎日新しい気づきがあります。楽しみながら、幸せを感じながら働けています。

今、自分が思っていた以上のスピードで仲間が増えています。自分が信じるクラッソーネに共感し、賛同してくれる仲間が増えているのが嬉しいです。このまま何となく人生を送りたくない人、ビジョンを描き野望を持ってやりたいことをやっていこうという人、現状に満足していない人に、ぜひ仲間になってもらいたいです。

iwaya

Development Information Curator
2013年7月 入社

クラッソーネでは実は年長なんですが、安心して長く働ける会社だと感じています。30年後のビジョンがとても明確なんです。そのビジョンに向かってクルー全員が一丸となっている・・・。みんな若くてテンションが高いので、時々ついて行けているのか心配になる事もありますが、このチームの一員でいられる事が嬉しいです。

仕事では、自分では出来ないんじゃないかと思うような事をバン!と任されます。勘違いでもいいからとりあえず出来ると思え、と励まされ、とりあえずやるしかないとがんばる毎日です。でも、自分が怖がっていただけでやってみたら出来る事がたくさんあるんです。何にでも挑戦させてくれて、やる気にさせてくれる、そして困った時は気軽に相談できる上司や仲間がいる、そんな雰囲気の会社です。

yamagiwa

Health Promoting Chief
2013年6月 入社

クラッソーネに見学に来た時に、クルーが楽しそうに仕事をしている雰囲気に惹かれました。思った通りみんな仲が良くて、私も今楽しい毎日をおくれています。クラッソーネでは日々、業務やオフィス環境の改善アイディアがどんどん出て来ます。一人ひとりのスキルをのばすための取り組みも毎日行われています。私自身はプライベートでヨガの講師をしているんですが、疲れをとる、リフレッシュするという目的でヨガの時間を取ってもらっています。自分の好きな事、得意な事で会社に貢献出来るんです。

自発的に動ける人、自分から発信・提案できる人、仲間が今後も増えていくと嬉しいです。日々新しい提案がどんどんでてくるのでそれらを素直に受け止め、切磋琢磨出来る。そんな環境がクラッソーネの魅力の一つです。

経営陣も信念を持って舵を切っています

kawaguchi

代表取締役社長 / Dream Realizing Chief
2011年4月 創業

クラッソーネを設立して以来、着実に仲間が増え、自分が想像していた以上に楽しい毎日を送っています。経営の舵をとり、全体のチームづくりをするのが自分の役目なので、常にクルーの姿を見ているわけですが、みんなが一生懸命に、そして楽しそうに働いているのが嬉しいです。今以上にクルーが無理をせず、胸を張って仕事が出来るような、より良い待遇とオフィス環境を実現するために、会社としてどんどん成長していきたいと思っています。

誰に対しても敬意を払い、相手を尊重出来る人間関係をクラッソーネは大切にしています。仕事だけでなく、自身の人生そのものに真面目にまっすぐに向き合い、頑張っている前向きな仲間が集まっています。そんなクラッソーネにあなたも加わりませんか。

kanou

取締役 / Revenue Creating Chief
2013年5月 入社

家づくりに対する様々な疑問や不満を抱えていた前職のハウスメーカー営業時代に、「住宅業界に革命を起こす」という川口の持つビジョンに惹かれ、クラッソーネに転職しました。ハウスメーカーでは実現できなかった「納得のいく仕事」がクラッソーネでなら出来る、そう感じたんです。どうやったらお客様にもっと喜んでもらえるか、様々な課題を一つひとつ確実に解決し、自分としても会社としても成長していく・・・。今はまだ道半ばですが、着実に実現へ進んでいる実感があります。

住宅業界の現状に疑問を感じている人は特に、「家づくりに革命を」に共感して貰えると思います。自分たちが変えて行くんだという使命を持ち、自分が正しいと思った事、新しい事にどんどん取り組める、そんな環境がここにはあります。是非クラッソーネのドアを叩いてみてください。

horiguchi

取締役 / Motivation Creating Chief
2012年10月 入社

前職のハウスメーカー営業時代は、仕事ばかりの毎日で家庭を顧みず、家族に寂しい思いをさせていました。ここで終わりたくない、もっと納得のいく仕事をしたい、でも家族も大切にしたい・・・。そんな思いから転職を考え始めたとき、クラッソーネと出会いました。クラッソーネに入社してからは必ず定時で仕事を終え、早く家に帰って、二人の子供たちとの時間を大切にしています。一緒にお風呂に入ったり、寝かしつけたり。以前は妻に任せっきりだった家事も手伝えるようになりました。

家族との時間が格段に増えましたが、決して仕事が中途半端になっているわけではなく、新しい事にどんどんチャレンジ出来る環境で、毎日納得いくまで働いています。仕事も家庭もあきらめない。転職の際に背中を押してくれた妻にも「最近活き活きして楽しそうだね」と言われます。

どんな環境で働くのか

オフィス

コーポレートカラーである白を基調とした清潔なオフィスです。窓からは神宮の森が一望でき、開放的な環境でメンバーの活発な意見交換が行われています。 2016年春には新オフィスへの移転も予定しています。

6
7

社内制度

クルーが活躍できる環境を作るために、様々な社内制度を取り入れています。

決意表明

仕事はあくまでも幸せになるためのツール。会社のためにクルーがいるのではなく、クルーのために会社がある、というのがクラッソーネの考え方です。入社時には自分自身が心から願う目標を掲げ、大航海へ向かう戦士のような気持ちで決意表明をしていただきます。

クレド

クレドとは『行動の指針となる、働く上での信条』を意味します。クラッソーネでは、クルー同士がクレドについての意見を述べディスカッションを行う時間を、毎日設けています。グループで行動指針についてとことん話し合うことで理解を深め、すっきりした気持ちで日々の業務に臨むことができます。

グッド&ニュー

会社の仲間というと仕事だけの付き合いになりがちですが、クルー一人一人がお互いを認め合い、会社のなかに『自分の心地よい居場所』を見つけられたら、どんなに素晴らしいことでしょうか?クラッソーネではそのきっかけ作りとして、グッド&ニューというゲームを毎日行っています。

会社図書館

「何かを学びたい・・・」、そんな知的好奇心をクラッソーネは精一杯サポートします。社内に常設図書を設け、クルーは自由に本を借りることができます。図書館へは毎月、クルーがリクエストした本が足されていきます。年月を経て、会社図書館は学ぶためのかけがえの無い財産となることでしょう。

パートナー・キッズ誕生日休暇

パートナー、子供、そのどちらも人生においてかけがえの無い存在です。そんな人たちの特別な日に、あなたが傍らでお祝いを出来るように、クラッソーネではパートナー・キッズ誕生日休暇を設けています。1年で1度きりの誕生日には、気兼ねなく温かい時間をすごしていただけます。

社内通貨制度

他のクルーへの感謝を伝える時に、社内通貨であるクラッソーネドルの手渡しを行っています。積極的に感謝しあう習慣はお互いの居場所を創りだし、個々の自身へとつながります。クラッソーネドルは、社内に設置されているお菓子やランチチケットとして利用することができます。

就業規則の開示

仕事をする上での就業規則は、本来それに納得した上で入社をするべきもの。クラッソーネでは就業規則の全文をオンラインで公開し、入社を検討している未来のクルーにも閲覧していただけるようにしています。入社後に理不尽な規則と出会うことはありません。

何をするのか

解体・エクステリア工事のマッチングサービスに携わっていただきます

9

心から満足できる家作りの担い手

解体工事の匠エクステリアの匠のクルーとして活躍してくださる方を求人いたします。

お客様よりご依頼頂いた解体・外構工事の要件に合わせて、工事できる業者様を選定。その業者様を施主様へご紹介し、工事完了までの進捗管理を行うのがメインのお仕事となります。住宅工事に関する進捗管理を行うため、住宅営業経験者の方や解体工事・エクステリア工事に関する知識のある方には、特に活躍していただける部署です。

新規事業部設立への参画も可能

進捗管理をひと通り経験して頂いた後は、個々の適正にあわせて業務フローの改善やクルーの業務管理などを担当していただきます。

解体・エクステリア工事以外の新規事業設立の計画もあるため、将来的には企業内アントレプレナーとして事業の立ち上げやを経験していただくことも可能です。

募集要項


業務内容 エンドユーザー様の電話応対
施工業者様の電話応対、新規開拓
ビジネスモデル構築への参画
必要とされるスキル コミュニケーション能力
未来創造力
計画の実行力
応募資格 なし
雇用形態 正社員
給与 月給21~32万円(スキル・経験・実績による)
賞与 年2回(6月、12月)
勤務日・勤務時間 月~金(土日休み)
9:00-18:00(昼休憩有り、時間相談可)
休日・休暇 年間休日117日、本人・パートナー・キッズ誕生日休暇、育児休暇、産前産後休暇、介護休暇、他有給休暇、特別休暇
勤務地 〒450-0002 愛知県名古屋市中村区名駅5-7-30 ORE名駅東4F
待遇 交通費支給(社内規程に準ずる)
住宅手当
家族手当
車通勤可
社会保険 健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
教育制度 一人一責任者制度、会社図書館
社内制度 クレド、グッド&ニュー
給与改定 原則として毎年4月1日
賃金支払日 毎月25日
社員寮 なし
選考方法 個人面接
応募方法 Webフォームより
募集について 随時
入社日 適時
採用実績 2012年度:2名、2013年度:6名、2014年度:4名、2015年度:5名
採用人数 3名

選考の流れ


体験入社・インターンについてはこちらエントリーする