熊本県及び大分県を震源とする地震により被災された皆様、そのご家族の方々に心よりお見舞い申し上げます。

代表挨拶

楽しく 豊かな 家づくりを 全ての人へ

クラッソーネ代表取締役社長 川口哲平

このページにたどり着いていただいた方は、多少なりとも家作りに興味をお持ちの方だと思います。「いつかは建てたい。」と思いながらインターネットで情報収集をしている方、実際に候補のメーカーと打ち合わせを始めている方、着工を間近に控えて「いよいよだな。」という思いの方、様々でしょう。

突然ですがここで、お聞きしたいことがあります。胸に手を当てて考えてみてください。

『一生に一回の家作りを、心から楽しむことができていますか?』
『家作りの進め方など、分かりにくいことが多くて、頭を抱えてはいませんか?』
『予想外の高額な見積りに、納得がいかないということはありませんか?』
『営業マンの他社批判にウンザリしていたりしませんか?』

ひょっとすると思い当たる節があったかも知れません。しかしそれは、別にあなただけのことではありません。他にも大勢の方がこういった現実に直面されています。それが日本の住宅業界の現実なのです。

私はこの会社を立ち上げる前は、大手住宅メーカーで営業をしていました。大学時代は農学部でしたのでまったくの畑違いですが、一人で机に向かうのではなく、人とのコミュニケーションを大切に出来る仕事をしたいという思いと、そして実家が築3年で雨漏りをした欠陥住宅だった経験から、「お客様に良い家を提供して行きたい。」との思いで就職を決めました。

もともとは人見知りで口下手という、お世辞にも営業向きな性格ではありませんでしたが、良いお客様、良い先輩方との出会いもあり、営業成績は順調に伸びて行きました。もちろん嬉しかったです。しかし、それと同時に私は引っかかりも感じていました。それは、旧態依然とした住宅業界の歪みです。不透明な情報、理不尽な価格、営業担当者同士の批判合戦…、そういったものを見ていくうちに、「このままでも良いのだろうか?」という自分の中の疑問は日に日に大きくなっていきました。

「もっと何か自分に出来ることはないか?」と考えた末、住宅営業とは違う立場から働きかけをしていくことを決めました。「営業時代に感じた矛盾や、理不尽さ…、そういったことを改善していこう。そして、これから家づくりをしていく人たちに、もっと良い環境を提供したい。」それが、私達クラッソーネの始まりです。

私達はより良い情報提供とサービスを提供していくことで、一人でも多くの方が『楽しく』・『わかりやすく』・『適正な』家作りを実現するためのお手伝いをしていきます。当社のサービスを活用していただき、『家作りの夢』を実現させて下さい。「家を建ててよかった。」と心底思える日が皆様に訪れますことを、心よりお祈りしております。

 

川口哲平の署名株式会社クラッソーネ
代表取締役社長