経営理念philosophy

豊かな暮らしで
人々を笑顔に

「豊かな暮らし」とは「満ち足りていて不足のない一日一日を過ごしていくこと」を表しており、私達の理念は事業を通じて一日一日の「時間」を満ち足りたものにし、世の中の人々を笑顔にすることです。

例えば仕事の時間。
多くの社会人が起きている時間の半分を仕事に費やしますが、その時間はかけがえない人生の一部です。ただ給料を稼ぐためだけに人生を切り売りするのではなく、誰もが働く意義を感じて仕事ができたら、素晴らしいことなのではないでしょうか?

「仕事内容に誇りを持てる」
「自分の成長を感じることができる」
「人に喜んでもらえるのが嬉しい」
「今後の計画を考えるとワクワクする」
「このチームのメンバーと頑張りたい」
人によって働く理由は様々かもしれませんが、一人一人が想いを持って仕事に取り組める世の中を実現したいと私達は考えています。

それから家庭の時間。
愛する家族や恋人、信頼できる友人は、人生を共に支え合うかけがえのない存在です。そんな人達との温かい時間を誰もが持つことができたら、もっと幸せな世の中になるのではないでしょうか?

自分の隣に心の繋がった人がいて、食事を取りながら今日1日の出来事を共有できる。
「学校で〇〇ちゃんと遊んだよ。」
「会社ではこんなことがあったよ。」
「家ではこうだったよ。」
「良かったね。嬉しかったね。」
「大変だったね。辛かったね。」
悲しいことは半分に、嬉しいことは2倍に。そんな温かい時間を世界中に作りたいというのが、私達の願いです。

「仕事の豊かさ」と「家庭の豊かさ」
この2つが私達の活動の軸となっています。現在は「家づくり」という事業領域を選択していますが、世の中の課題と会社のステージに合わせて徐々に形を変え、「豊かな暮らし」によって一人でも多くの人々が笑顔になれる世の中を実現していきます。